• 下肢静脈瘤に対する「 日帰り 」「 保険レーザー 」治療
  • 脚 あし ドック いかがですか?

    お知らせ

    初診受付について
    血管外科では現在、初診受付は行っておりません。
    よろしくお願いいたします。
    市民公開セミナーのお知らせ

    市民健康セミナー 足の血管の病気 下肢静脈瘤(参加無料)
    ●日時:2018年4月30日(月・祝)
    14:00~15:00(開場13:30)
    ●会場:ミューザ川崎シンフォニーホール(4F 研修室1・2・3)
    ●定員:90名 先着順

    ■申し込み方法■
    事前申込の必要はございません。直接会場へお越しください。
    下肢静脈瘤レーザー治療実績
    2015年 127名、160肢
    2016年 229名、316肢

    これまで、大きなトラブルなく、全ての方に日帰りで安全に治療できております。
    症例を追加しました。
    60代男性の症例を追加しました。
    詳しくはこちらをご覧ください。
    10月26日が弾性ストッキングの日に認定されたそうです。
    弾性ストッキング、下肢静脈瘤や深部静脈血栓症の予防と治療、リンパ浮腫、その他の浮腫を起こす疾患の病態を改善する治療のために使われます。
    正しく使うとそれぞれの病気の状態を改善することができ、さらに病気の中には発症を予防することができるものもあります。
    しかし、使い方や適応を間違えるとかえって合併症を生じることもあります。

    市民公開セミナーのお知らせ
    2015年6月14日日曜日に第一回市民公開講座を開催させて頂きました。
    休日にもかかわらず、60名超の方々にお集まり頂き、盛況のうちに無事終えることが出来ました。
    約40分の講演の後、40名の方々の無料相談会を開催させて頂きました。
    短時間ではありましたが、お一人お一人のお悩みや相談に乗ることが出来、満足して頂けたご様子でした。


    下肢静脈瘤レーザー治療実績 2015年 127名、160肢
2016年 229名、316肢 これまで、大きなトラブルなく、全ての方に日帰りで安全に治療できております。

    このような症状でお悩みではありませんか?


    足がだるくなったり、むくんだりする  足がつる、疲れやすい

    足の血管がボコボコしてふくらんでいる 足がかゆい、皮膚が赤くなっている

    下肢静脈瘤かもしれません!下肢静脈瘤の症状


    • Topへ