レーザー治療

レーザー治療

レーザー治療

レーザー治療

レーザー治療

ヒラタレーザー

ヒラタレーザー

波長のレーザーは、水への吸収係数が高いため、血管内で照射すると静脈壁の水分に強く吸収されます。 吸収されたレーザー光は熱エネルギーに変換され、 血管のコラーゲン繊維を変性し、 静脈壁を収縮します。静脈壁が収縮することにより、中を血液が流れなくなります。

動画:レーザー焼灼

白い管は体外に取り出した静脈です。
レーザーにより静脈が収縮(縮こまる)様子が分かると思います。
*動画のレーザーは1470nm ELVeS>レーザーを使用しています

レーザー治療とは、点滴の針くらいの小さな穴から血管内に細いレーザーファイバーを通し、照射されたレーザーの熱によって静脈を変性させ内側から塞いでしまう方法です。局所麻酔のみで行うことが出来、従来施行されていた手術に比べ術中の痛みはほとんどありません。手術時間は片足20分程度で、両足の同時手術も可能です。手術終了後には、すぐに「あしが軽くなった」と喜ぶ声も多く、皆さま、非常に満足されております。

アニメーション:レーザー手術

このレーザーを用いた場合には、どの病院でも手術料金は、片足につき健康保険3割負担の方で約4万3,000円、1割負担の方で約1万4,000円と決まっています(実際の治療費は、これに麻酔費用や検査費用などが加わります)。

当院は休憩室や更衣室などの設備もしっかりと完備しており、術後のフォローも万全ですので、安心して生活をおくることが出来ます。
あしは第二の心臓とも呼ばれています。
あしの軽くなった生活を取り戻しませんか?
一人で悩まず一度受診なさることをお勧めいたします。